小、中学生の指の怪我にはご注意を!|調布市柴崎 きくのだい鍼灸整骨院

きくのだい鍼灸整骨院
    • facebook
    • instagram

  • 京王線柴崎駅より徒歩3分

    0424267660

  • 〈月・火・木・金〉20:30まで
    〈土〉18:00まで
    〈休診日〉水曜・日曜・祝日

スタッフブログ

小、中学生の指の怪我にはご注意を!

先日来院した小学生の女の子が、友達と遊んでいた際に誤って指を蹴られてしまったとのこと。

負傷日から3~4日経過しており、家にあった伸縮包帯を巻いて様子を見ていたようですが、熱感と腫脹が収まらずまた皮下出血をしていたため来院しました。

蹴られた際に第三指と第四指を強く引き伸ばしたみたいですが、触診時に第三指のPIP関節(第二関節)の掌側(手のひら側)にのみ圧痛があり、熱感、腫脹、皮下出血が著明の為応急処置の固定をして近医に精査依頼をしました。

結果、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第三指中節骨底部剥離骨折をしていました。(X-Pのコピーのコピーで見づらいですが)

掌側板が介在し、軟骨部分(成長軟骨板)なのでしっかり固定が必要なところなのです。

じつはこの子、数週間前にも反対側の同じ部分を負傷して来院していました。

その時は痛みが強いものの、器質的な疾患はなく結果打撲でした。

今回の方が痛みが少ないため同じなのではと思い来院するのが遅れてしまったようです。

球技で突き指などが日常的になっている子も多くいますが、場合によっては大きな怪我を放置している事があります。

骨折や不全骨折でも今回のケースのように、痛みが少ないことは珍しいことではないです。

自分で判断せず一度ご相談ください!

ページトップへ戻る