筋膜リリース(組織間リリース)とは?|調布市柴崎 きくのだい鍼灸整骨院

きくのだい鍼灸整骨院
    • facebook
    • instagram

  • 京王線柴崎駅より徒歩3分

    0424267660

  • 〈月・火・木・金〉20:30まで
    〈土〉18:00まで
    〈休診日〉水曜・日曜・祝日

スタッフブログ

筋膜リリース(組織間リリース)とは?

筋膜リリースとは

組織間を連結する疎性結合組織や瘢痕組織を、指先でこするようにして手技する技術です。

この技術は、筋、腱、皮下組織、神経、血管などあらゆる組織間の癒着(滑走不全)を改善することができ

正常な関節の動きが作れます。

 

その目的は、、、

歪みの修正:ぎっくり腰、膝の痛み、五十肩/四十肩、テニス肘、野球肘、足首の痛み

神経の痛み:坐骨神経痛、腕のしびれ

慢性的な痛み:肩こり、腰痛(長期)、各関節の可動域制限

特にこのような疾患が改善することができます。

↑の写真は治療結果です。

内くるぶし(後方)に組織間の癒着があり、筋肉がスムーズに動けなく小指に荷重をかけてしまう歪みがありました。

内くるぶしの癒着を改善することにより、関節可動域の改善や筋肉がスムーズに働きやすくなります。

痛みがなくても、この様な歪みがあると捻挫しやすかったり、関節の不安定感をつくる原因になります。

足首の違和感や捻挫癖のある方は、早めの受診をオススメします。

お気軽にご相談してください!

ページトップへ戻る