ギックリ腰が増えてます|調布市柴崎 きくのだい鍼灸整骨院

きくのだい鍼灸整骨院
    • facebook
    • instagram

  • 京王線柴崎駅より徒歩3分

    0424267660

  • 〈月・火・木・金〉20:30まで
    〈土〉18:00まで
    〈休診日〉水曜・日曜・祝日

スタッフブログ

ギックリ腰が増えてます

季節の変わり目や寒い日が続くとぎっくり腰腰痛などで来院される方が増えます。

今回は、ゴルフのラウンド途中でギックリ腰になった患者様のエピソードをご紹介します。

診療中に一本の電話が。。。。

「ラウンドしていてクラブを拾い上げようとしたら、腰も何か刺されるような痛みが走り、

そこから全く動けなくなって、ようやくカートまで移動したところなんだけど。。。

どうしたらいい?」

って電話。

「治療にいまから来れますか?」

「これから向かいます」

ということで、治療をすることに。

治療院に入ってくる様子は、前屈みでよちよち歩き。ようやく歩いてるって感じです。

こんな状態でいろいろな機能検査をしても痛いだけで評価がしっかりできないので、

こんな時はリアラインコアをして、骨盤を固定すると痛みが軽減されます。

そこで話を聞きながら数分経つと普通に歩けるようになってきます。

ここから様々な評価をしていくと、この方の場合は腰椎椎間関節に問題があることが判明。

椎間関節の治療を行うと。。。。。。

「あらっ?!痛くない!!」

「あっ!スイングの出来る!!」

「これからまたラウンド行って来れる!!!!!」

といってこの日の治療は終了。

翌日、また治療に来ましたが、腰の張っている筋肉をほぐし、

痛みの元凶とおもられる椎間関節の治療を行い、ほぼ問題ないとのこと。

2日後のゴルフの試合は不安感はあったものの無事にラウンドできたようです。

その後、1週間の間に3回もゴルフをしたそうです。

ギックリ腰になったら

1)早めの手当て

2)無駄な安静はしない

3)無理のない範囲で積極的に動かす

これが早く治すために必要なことです。

普通は痛みがあるので横になる、

動けないから安静にして、動けるようになったら治療院に行く

こんな方が多いですが、正直こういった方は治り悪いです。

でもなかなか積極的に動かすなんてできないと思いますので、

そんな時は当院まで痛くなったその時に電話を下さい。

LINEでもご相談下さい!

きくのだい鍼灸整骨院

東京都調布市菊野台3−33−5

TEL:0424267660

 

 

ページトップへ戻る