シンスプリント|調布市柴崎 きくのだい鍼灸整骨院

きくのだい鍼灸整骨院
  • facebook
  • instagram
  • 京王線柴崎駅より徒歩3分

    0424267660

  • 〈月・火・木・金〉20:30まで
    〈水・土・日〉14:00まで
    〈休診日〉祝日・第4水曜

症状別の治療

シンスプリント

シンスプリント

「シンスプリントとは」

脛骨内側を覆う組織の炎症で、脛骨後内側縁に沿って中央から下部にかけ鈍い痛みが発生します。陸上競技者に多く見られますが(ランニング、ジャンプ、ダッシュ)などの動作をする、数多くの種目で広く見られます。
スポーツ動作の着地に際して、足部の回内(足裏が下を向く動き)が生じる時、脛骨後内側縁に付着する筋群(ヒラメ筋・後脛骨筋・長趾屈筋)の牽引力により骨間膜や筋膜が骨膜を刺激し炎症・痛みを生じさせます。

治療法

①痛みの程度・出方などを判断し、治療法を決めていきます。
Ⅰ-活動後に痛みがある。
Ⅱ-活動前後に痛みがあるが、活動中は消失する。
Ⅲ-常に痛みがある。
②損傷部の痛み、炎症を最小限に抑えるためにRICE処置を行います。
更に当院では痛みと炎症を早く取り除くための治療を行います。
③下腿後面の筋を中心に筋肉の緊張を緩和させます。
④回内足・扁平足を改善させるため、リハビリ・運動指導を行います。
⑤患者様のADLや競技に応じて更にリハビリを進めていきます。

セルフケア

下腿の筋のストレッチ・アイシングを行います。
足部の回内・扁平足を制限するため足裏のアーチサポートやテーピングを行います。
痛みの程度により運動の中止・軽減が必要になります。
※注意点
シーズンの初めや新入生に多く発生します。
回内足や扁平足を有する人、足部外旋位(つま先が外を向く)のまま着地する人に
多く発生します。
不快感や痛みなど、症状が進むにつれ徐々にひどくなる傾向にあるため、早めの受診をお勧めします。
脛骨疲労骨折との鑑別が必要です。
       
       

ページトップへ戻る