ジャンパー膝|調布市柴崎 きくのだい鍼灸整骨院

きくのだい鍼灸整骨院
  • facebook
  • instagram
  • 京王線柴崎駅より徒歩3分

    0424267660

  • 〈月・火・木・金〉20:30まで
    〈水・土・日〉14:00まで
    〈休診日〉祝日・第4水曜

症状別の治療

ジャンパー膝

ジャンパー膝

ジャンパー膝とは


膝蓋骨と脛骨を結ぶ靭帯(膝蓋靭帯)の炎症で、主に膝蓋骨の下に痛みが発生します。
繰り返しの大腿四頭筋の収縮(急な加速・減速・ジャンプ着地)により膝蓋靭帯に牽引ストレスが加わり炎症・痛みが出現します。ジャンプやランニングを繰り返す競技者に多く発生するため『ジャンパー膝』と呼ばれていますが、正式には『膝蓋靭帯炎』と言います。

治療法

①痛みの程度・出方などを判断し、治療法を決めていきます。
Ⅰ-活動後に痛みがある。
Ⅱ-活動前後に痛みがあるが、活動中は消失する。
Ⅲ-常に痛みがある。
②損傷部の痛み、炎症を最小限に抑えるためにRICE処置を行います。
更に当院では痛みと炎症を早く取り除くための治療を行います。
③大腿四頭筋を中心に筋肉の緊張を緩和させます。
④股関節を中心にウィークポイントを見つけ出し、正しい動作の習得を目指します。
⑤患者様のADLや競技に応じて更にリハビリを進めていきます。

セルフケア

大腿四頭筋のストレッチ、アイシングを行います。
膝蓋靭帯部をバンドやテープで圧迫し、牽引ストレスを緩和させます。
痛みの程度により運動の中止・軽減が必要になります。

その他

注意点
痛みの程度・出方により治療法や対処法も変わります。
太ももは前後のバランス(H/Qバランス)が大切であり、その点も注視します。
膝蓋靭帯は血流が少ない組織の為、治療に時間がかかり難治性であります。

ページトップへ戻る