肉離れ|調布市柴崎 きくのだい鍼灸整骨院

きくのだい鍼灸整骨院
  • facebook
  • instagram
  • 京王線柴崎駅より徒歩3分

    0424267660

  • 〈月・火・木・金〉20:30まで
    〈水・土・日〉14:00まで
    〈休診日〉祝日・第4水曜

症状別の治療

肉離れ

肉離れ

「肉離れとは」

筋肉の収縮力や応力が、その筋肉の強度を上回ってしまった場合に発生する筋肉の損傷をいいます。
多くは、スポーツ動作の加速(スタート・ダッシュ)、減速(ターン・Stop)などにより、ふくらはぎや太ももなどの下肢に発生します。

治療法

①損傷部の痛み、炎症(内出血)を最小限に抑えるためにRICE処置を徹底的に行います。
更に当院では痛みと炎症を早く取り除くための治療を行います。
②損傷した筋肉が緊張してくるため、患部を中心に筋肉の緊張を緩和させます。
※その日のADLにより筋肉の張りが異なるため慎重に進めて参ります。
③炎症・圧痛の消失とともにストレッチを導入し筋肉の柔軟性を改善させます。
④痛みにより低下している筋力を回復させるために筋肉トレーニングを開始します。
※肉離れはオーバーペースに陥りやすいので強度や量に注意しながら進めて参ります。
⑤患者様のADLや競技に応じて更にリハビリを進めていきます。

セルフケア

患部の痛み、炎症(内出血)を最小限に抑えるためにRICE処置・圧迫固定を行います。
(損傷の度合い必要に応じ松葉杖歩行(免加)を支持します)

その他

単に筋肉を引き伸ばしたものととらえやすいですが、実際には筋肉に回旋力なども加わり患部に陥凹や腫瘤を形成しているものもあります。
適切な治療をせずにそのまま放置しておくと、瘢痕組織を残し弾力性と柔軟性のない
再断裂を繰り返しやすい筋肉になる危険性があります。
また、重度の肉離れなどにより血腫(内出血)の吸収が上手くされず骨化性筋炎(筋肉内に血液成分が沈着し、筋肉の機能と運動性を失った状態)に至り、緊急手術を要する事態に陥る事もあります。
肉離れも軽視せず早めの受診をお勧めします。

ページトップへ戻る