背中・腰の痛み|調布市柴崎 きくのだい鍼灸整骨院

きくのだい鍼灸整骨院
    • facebook
    • instagram

  • 京王線柴崎駅より徒歩3分

    0424267660

  • 〈月・火・木・金〉20:30まで
    〈土〉18:00まで
    〈休診日〉水曜・日曜・祝日

部位別の治療

背中・腰の痛み

背中・腰の痛み

●腰椎椎間板ヘルニア
(病態) 腰椎椎間板ヘルニアとは、脊椎管内に突出した椎間板が神経を圧迫し、坐骨神経痛や下半身にシビレを引き起こす疾患です。しかし加齢に伴い椎間板が変性し、脊柱管内に突出した椎間板があっても、症状が出ない場合があります。

<症例1>

男性 40代会社員  趣味 ロードバイク 週3回50km〜100km程度
主訴 :近医より転院。来院時腰部の痛みは軽減しているも、前屈時の痛みがあり不定期で左膝窩~足底にかけて痺れが出現する。後屈時に痛みはないが可動域が出ない。痺れの再現性は乏しいが、運動強度が高い日や長時間座っていると痺れが出る。

検査:近医での検査はX-P検査のみ

   LRテスト(+)、FNSテスト(-)

   膝蓋腱反射  健側(正常)患側(やや減弱) アキレス腱反射 健側(正常)患側(減弱)

   筋出力(MMT)膝伸展 健側5、患側5 カーフレイズでの踵の高さ変化なし

   感覚異常特になし

① 主訴に対する治療計画

  ワディット(中周波治療器)を用いて坐骨神経~総腓骨神経に対し,神経ブロック効果を狙う。

  超音波を用いてL5、S1神経根を狙い照射し、疼痛緩和を狙う。

②痛みの原因に対する治療計画

→体幹前屈時、左仙腸関節開大、左PSIS高位のマルアライメント修正。

→寛骨は前傾、尾骨右方偏位のマルアライメント修正。

①主訴に対する治療の実際

→初回から必ず施術後にワディット、超音波をセットで行った。超音波設定(設定周波数1.1㎒、デューティサイクル100%、時間5~7分、1.0~1.2(w/㎠))

→ワディットは使用後に若干の痺れ感が残るが、時間が立てば軽減。出現頻度は段々減ってくるも運動強度が上がると出現することもあった。

 複数回行い最終的には殆ど痺れが感じなくなった。

→超音波は数回1.0w/㎠以下で照射していたがあまり変化は感じられなかった。すこし上げて1.2w/㎠でかけると照射中に音波痛が出現するもその後痛みが改善するので数回繰り返した。

②痛みの原因に対する治療の実際

左仙腸関節開大、左PSIS高位のマルアライメント

→マルアライメントにより仙腸関節が不安定になることで疼痛と不安感が出現するため組織間リリースにて左右の寛骨を左右対称にする。

 大腿筋膜張筋、腸脛靭帯、外側広筋、中殿筋、大腿直筋、鼠経靱帯のリリースを数回おこない、前屈時の痛みは軽減したが不安感は残存したため

 仙腸関節安定化させるスタビライズで大殿筋単収縮トレーニング、スイングストレッチで殿筋と背筋の同時収縮エクササイズを行った。

 数回繰り返し、自宅でもエクササイズを行うと痛み不安感は改善された。

右寛骨前傾、尾骨右方偏位のマルアライメント

→大腿筋膜張筋、腸脛靭帯、大腿直筋、大腰筋のリリースを行い、尾骨右方偏位に対しては、大殿筋浅筋膜、大殿筋、仙結節靱帯のリリースを行った。

 数回で後屈可動域は改善された。可動域保持のため自宅で大腿伸筋群の静的ストレッチの指導を行った。

治療終了時は痛み痺れは殆どなく、趣味のロードバイクも一日60㎞~90㎞走っても問題ない状態を維持できており、

その後は定期的に自費診療にてにてメンテナンスを行い現在は治癒。


●腰椎すべり症
(病態) 腰椎すべり症とは、腰の骨(腰椎)が前後にずれてしまう疾患で、中年以降に好発します。腰部脊柱管狭窄症と同じような症状(立ったり、歩いたりするとお尻や太ももが痛くなり歩けなくなるが、ひと休みすると再度動けるようになる)が出ます。


●腰椎分離症
(病態) 腰椎分離症とは腰椎関節突起間部と言われる部位で、本来つながっているべき骨の連続性が絶たれてしまっている(分離している) 疾患で、主にスポーツを行う小・中学生に多く見受けられます。原因は腰椎にかかる繰り返しの外力による疲労骨折と考えられています。腰痛が主な症状ですが、運動時には腰痛があっても普段はあまり症状がないこともあり、放置される例も少なくありません。早期にコルセットの装着や歪みの修正することにより骨折した部分の癒合が期待できるので、早めに適切な治療を受けることが必要となります。


●脊柱管狭窄症
(病態)脊柱管は背骨、椎間板、関節、黄色靱帯などで囲まれた脊髄の神経が通るトンネルです。年をとると背骨が変形したり、椎間板が膨らんだり、黄色靱帯が厚くなって神経の通る脊柱管を狭くなって(狭窄)、それによって神経が圧迫を受け、神経の血流が低下して脊柱管狭窄症が発症します。椎間板ヘルニアに比べ中高年に発症することが多いようです。また背骨を後ろに反らすと脊柱管が狭くなり、前に曲げると広がるので、間歇性跛行(歩行と休息を繰り返す)が見受けられます。


●ギックリ腰
(病態)ギックリ腰とは正式には急性腰痛症と呼びますが、急に腰が痛くなる症状をいいます。原因は多様ですが、重たいものを持ち上げた時、体を急に捻ったとき、咳をした時など様々な原因で痛みを誘発します。初期の適切な評価と治療をすることで慢性的な腰痛症を予防することができるので、早めの受診をお勧めいたします。

<症例1>
50歳男性会社員
主訴:1週間前から腰のハリを訴えていた、物を持ち上げようとした際腰部を捻り負傷し来院。
検査 :前屈・後屈・回旋時疼痛著明
ケンプテスト 陽性
SLRテスト 陰性(痺れはないが、ハムストリングの筋緊張あり)

①主訴に対する治療計画
→張りのある筋に対して、低周波・超音波治療を行った。

②痛みの原因に対する治療計画
→ハムストリングスの柔軟性低下の改善
→骨盤のマルアライメントの解消
→下位胸郭拡張不全の解消

①主訴に対する治療の実際
→疼痛・張りのある腰部〜仙腸関節部に中周波治療を行い、疼痛軽減した。
→筋性防御などにより張りがある臀部・下肢外側部に干渉治療を行い、筋緊張緩和した。

②痛みの原因に対する治療の実際
→寛骨マルアライメント解消のために、股関節前外側/臀筋/ハムストリングの滑走不全を解消することで、マルアライメント解消、股関節屈曲・伸展可動域が改善した。
→下位胸郭拡張のために、リアラインコア・パピーエクステンションなどのエクササイズを行うことで、下位胸郭拡張。

合計3回の治療で痛み、機能回復することができた。
現在はメンテナンスとして引き続き通院中。


●坐骨神経痛
(病態)坐骨神経痛とは、お尻の付け根から膝裏にかけて起こる痛みの総称を指します。坐骨神経痛を引き起こす病気としては、腰部椎間板ヘルニアや腰部脊椎管狭窄症を代表とする脊椎疾患を例に挙げることができます。しかし脊椎に関連した病気のみだけではなく、筋肉の緊張や癒着などで坐骨神経を圧迫し、痺れを起こす場合があります。


●肋骨骨折
(病態)転倒や転落で胸に強い外力が加わると肋骨骨折を生じます。胸の痛みが強く、安静時にも痛みを訴えます。さらに深呼吸や咳に伴って痛みが増強します。
x線検査で肋骨の骨折を確認しますが、胸骨に近い軟骨部や移行部の骨折では骨折を確認出来ないことがあります。


●腰椎圧迫骨折
(病態)骨の強度(密度)が低下している高齢者や女性に多い症状といわれています。特に、骨がもろくなる病気(骨粗鬆症)との関係性は密接で、骨粗鬆症に起因する腰椎圧迫骨折の割合は大変高くなっています。そのため、骨粗鬆症の高齢者は、比較的軽い力が加わっただけで、ほとんど外力が加わらなくても、自然に骨の椎体の骨折が起こることがあります。


 

ページトップへ戻る