スポーツ障害|調布市柴崎 きくのだい鍼灸整骨院

きくのだい鍼灸整骨院
  • facebook
  • instagram
  • 京王線柴崎駅より徒歩3分

    0424267660

  • 〈月・火・木・金〉20:30まで
    〈水・土・日〉14:00まで
    〈休診日〉祝日・第4水曜

スポーツ障害

スポーツ障害とは?

スポーツ障害とは、スポーツをすることによって起こる障害や外傷のことです。原因は様々で、長期的に同じスポーツを続けることで体の一定の部位に負担がかかって起きたり、スポーツで体を酷使することによって起きたりします。
スポーツ障害は、子供・大人に限らず発症します。体に違和感を感じたらすぐに当院にお越しください。また、体の不具合を感じる前でもお越し頂くことで予防になる場合もございます。

プロ選手の身体を支えてきた当院だからこそできる施術

当院の強みは、なんといっても20年以上専属トレーナーとしてトップアスリートを支えてきた経験にあります。現場に常駐することによって、チームが選手に何を期待しているのか、また無理をしてでも試合に出たいという選手の気持ちが分かり、その状況に応じて迅速に適切なことを提供することができます。この「現場」で求められる多くの経験は当院の特徴で、どこにも負けない自信があります。
当院が主にサポートしてきたアメリカンフットボールでは、多種多様なケガが発生し、その都度、選手の治療、リハビリを全力でサポートして来ました。その数多くの症例が、様々なスポーツ障害に活かされています。

今までの実績

  • 鹿島ディアーズヘッドトレーナー
  • アメリカンフットボール日本代表トレーナー
  • 東宝調布スポーツパークテニスクラブユースプレーヤーズコーストレーナー
  • トヨタアルバルクアシスタントトレーナー

その他、プロ野球、プロゴルファー、Jリーグ、バドミントンなどプロアスリート、オリンピック選手の治療多数

スポーツ障害のケース(代表例)

テニス肘・ゴルフ肘(テニス、ゴルフ、バドミントンなど)

腕(特に肘から下)を酷使することにより、肘より下の筋肉が付いている部分に炎症が起こります。スポーツではラケットなどのグリップを握る動作、日常生活では物を持ち上げるときや雑巾をしぼる動作などで肘に痛みを感じます。

詳しくはこちら

ジャンパー膝(バスケットボール、バレーボール、サッカーなど)

ジャンプ、ランニング、キック、急激なストップなどを繰り返す(使いすぎ)によって、膝蓋靱帯に小さな断裂などを起こします。膝蓋靭帯炎は、いろいろな運動で起こりますが、「ジャンプ競技」に発生することが多いため、ジャンパー膝とよばれています。 筋肉の柔軟性、ストレッチ不足、下肢のアライメントなどの要素が原因となることもあります。

詳しくはこちら

アキレス腱炎(ランニング、ウォーキングなど)

ランニング・ジャンプ・ウオーキングといったスポーツや長時間の作業で、アキレス腱に負荷がかかって炎症を起こし痛みが生じます。シューズ、路面、下肢のアライメント(X・O脚、回内足、扁平足など)など、いろいろな要素が関与します。
アキレス腱は人体最大の腱ですが、大きな力が働いて損傷を起こしやすい部位です。幅広い年代に起こりますが、中でも中高年に多く発生します。

詳しくはこちら

野球肩(野球、バレーボール、バスケットボール、ハンドボールなどで発症)

野球の投球や、投球動作と同じようなスポーツ活動で発生する肩の障害を“野球肩”と呼びます。投球動作の繰り返し(使いすぎ)によって、肩関節のいろいろな組織にストレスがかかり発生することが多いです。また、筋肉の柔軟性、ストレッチング不足、フォーム、筋力、下半身や体幹の障害など、いろいろな要素が関与することがあります。

詳しくはこちら

ページトップへ戻る