足首の捻挫から早期に復帰するために必要なこと|調布市柴崎 きくのだい鍼灸整骨院

きくのだい鍼灸整骨院
    • facebook
    • instagram

  • 京王線柴崎駅より徒歩3分

    0424267660

  • 〈月・火・木・金〉20:30まで
    〈土〉18:00まで
    〈休診日〉水曜・日曜・祝日

スタッフブログ

足首の捻挫から早期に復帰するために必要なこと

運動のしやすい気候になってきました。
大学スポーツもいよいよ本格的なシーズンがスタート。
サポートする法政大学アメフト部日本一に向けてスタートしました。

アメフトの場合、2〜3週間毎に試合を行います。
試合でケガをしても次の試合に出場できるように、
どれだけ早く復帰させることができるか、トレーナーとして腕の見せ所となります。

足首の捻挫はケガの中で最も多い一つです。
今回はその初期対応についてご紹介します。

ケガをした時に、RICE処置をすることはすでに多くの方がご存知のことと思います。
特にアイシングをすることは一般的になったと感じます。
しかし、スポーツ現場ではアイシングだけでなく安静・圧迫固定を受傷直後からしっかりと行うことで
復帰時期を早める努力をしています。

先日、練習中に足関節捻挫をして1週間で復帰した選手の症例を紹介します。

内反捻挫をして前距腓靭帯、脛腓靭帯を損傷した選手です。
受傷直後の評価は
前方引出しテスト (+)
内反ストレステスト(+)
底背屈可動域制限あり
前距腓靭帯、脛腓靭帯に圧痛
外顆周囲に腫脹あり
両足荷重時痛あり
片足荷重 不可
このようなケースでは通常2週から3週での復帰を目安にしてます。

アイシング 20分
圧迫固定 40分
このサイクルをできる限り繰り返します。(多分この日は3セット位していたと思います)
帰宅時の固定にはaircastという装具を使用して患部の安静を保ちます。
これが優れもので痛み刺激を最小限にすることができるので、その後の復帰を早めてくれます!

↓ aircast

翌日は痛みで歩くことができず、自宅にてアイシングを繰り返してもらいます。
その時の腫れ具合はこのくらい。

3日目 腫れが残存しているので炎症管理
4日目 腫れが落ち着き 可動域のリハビリ開始
5日目 荷重をかけてリハビリ開始
6日目 ランニング開始
7日目 ステップワーク、アジリティなど実施
8日目 復帰

最後のアスレティックリハビリテーションは痛み、動きの確認をする程度で、
リハビリをしっかり行えたものではないのですが、
動きに違和感なく、試合も近いのでテーピングをして復帰にしました。

今回、感じたことは、受傷直後の繰り返しのアイシング・圧迫固定をすることで腫れを最小限に止めることができ、
移動などで足関節に負担がかからないように装具で固定したこと、痛み刺激をできる限り入らないようにしたことが
早期復帰につながったと思っています。

アイシング・固定・安静・保護 受傷後3日間はオーバーな位の対応がその後の復帰プロセスを変えます。
ご参考に!

 

足首の捻挫

アイシング 

 

ページトップへ戻る